桜テラス(Sakura Terrace)

st03

バギオのイミグレーション・オフィスから歩いて5分ほどのところ、ミリタリーカット・オフ通りに位置する本格日本食レストラン、ビザ更新の待ち時間などにふらりと立ち寄るのにも最適だ。オープンは2015年とまだ新しい。

 

バギオ市内からタクシーで行く場合は、ミリタリーカット・オフ通りの有名レストラン「50’s Dinar」とドライバーに伝えるといい。サクラ・テラスは50’s Dinarのすぐ並び。ジープニーで行く場合は、バーンハムパーク近くの山岳民族像のすぐ側にあるミリタリー・カット・オフ行きジプニーの乗り場から。ケノンロードから左手に入ると、まもなく左手に看板が見えてくる。

st01 st02

 

オーナーは、在バギオ○○年の萩原さん。店内はさすが日本人がオーナーとだけあって清潔で明るく、ナチュラル感も満載。ゆったりと会話を楽しみながら食事が楽しめる。

イスもオーダーメイドでひとつひとつ手作りと、店内随所にこだわりが伺える。

ここではバギオの日本食レストランで唯一、握り寿司を食べることができる。

st03

お寿司は巻き寿司だけでも10種類近くあり、値段は140~190ペソほど。なんとオーナー自らが握っているそう。

st04

鉄火巻き(160ペソ)

st05

サラダ巻き(160ペソ)

st06

ペッパーポーク巻き(150ペソ)

魚やお肉がメインの定食には味噌汁とご飯が付き、210~270ペソ。

st07

チキンカツ定食(260ペソ)、牛焼肉定食(270ペソ)、回鍋肉(240ペソ)

 

そして、2月には新しくとんこつラーメンと担々麺がメニューに加わった。
麺は麺造り専門のスタッフが打ち上げた自家製のものを使用しているそう。
st08
食事のあとはバギオからさらに山奥に入ったコーディリエラ地方で栽培・加工されたコーヒー。「地元産コーヒーが意外においしいのですよ」とオーナーの萩原さん。
st09

フィリピンもそのほかのアジアの国と同様、日本食ブーム。マニラに出店する日本食チェーン店も数多いが、ここバギオでは、地域に根差した日本人が、地元の人とともに、地域の新鮮な食材を生かした日本食を提供してくれているのがうれしい。
2階を改装してまもなく光のよく当たる新たなカフェができるとのこと。日本食をいただきながら日比友好談義も盛り上がりそうな、素敵な空間が生まれそう。

st10
土日には着物を着用したスタッフがお出迎えしてくれる。

 

店名 桜テラス Sakura Terrace
ジャンル 和食、コーヒー
住所 168 military cut off, 2600 Baguio City
電話番号 0917 780 8788
店舗URL https://www.facebook.com/Sakura-Terrace-550872725015350/timeline
営業時間 11:00~23:00

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バギオライフ・ニュース / Facebook

ページ上部へ戻る