セント・ルイス博物館

バギオ市にあるカトリック系のセント・ルイス大学(SLU)のキャンパス内にある博物館。SLUは付属小学校校から大学院まで総生徒数3万人以上という巨大大学で、この博物館も学生向けだが、外国の研究者や観光客にも開放している。

「多様な文化の共存」をテーマに、コーディリエラ山岳地方の6つの州(ベンゲット、カリンガ、マウンテン、アブラ、アパヤオ、イフガオ)の先住民族の文化を紹介する展示が中心。伝統家屋のミニチュア、民族衣装と織り機、かごや木彫りの台所道具、魚釣り具、大工用具、武器、砂糖きびから砂糖を絞る器具、採掘した金の精錬に使う用具、中国から交易によって渡ってきたという磁器など、おもに先住民の生活道具を中心に展示している。

館長&キュレターはカバヤン町のミイラについての著書もあるピクピカン教授。教授のジョークたっぷりの絶妙な解説を聞きながらの鑑賞がおすすめ(要予約)。

名称 セント・ルイス博物館 St.Luis University (SLU) Museum of Arts and Cultures
アクセス セッション・ロードのSM方面から坂を下って、「Foot Step」という
靴屋の脇の道Assumption Rdを右に曲がって坂を上り、バギオ大学とセント・
ルイス小学校のある交差点を超えて直進するとセント・ルイス病院。その左手
の道を入っていくと大学の裏門がある。ガードマンに博物館に行くことを伝え
て身分証明書を預けてキャンパス内に入ってすぐ。場所はガードマンに確認を。
セッション・ロードから徒歩15分。
住所 Second Floor, Msgr. Charles Vath Library Building, 
SLU Libraries, Saint Louis University, Baguio
営業時間 月~土 7:30-11:30、13:00-17:00
定休日 日曜
電話番号 (074) 442-3043
URL http://www.bencabmuseum.org
入場料 無料
メモ 館長によるガイドを希望する場合は予約を。学生によるガイドはいつでも可能。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バギオライフ・ニュース / Facebook

ページ上部へ戻る